屋根のリフォームは必要?屋根を修理するか、しないかの判断基準

2017年6月30日

屋根のリフォームが必要な状況かを調べる

屋根の葺き替え等で注意が必要なのは、症状が出ているかどうかの判断です。訪問業者の中には悪質な業者も存在することから、自己判断でもわかる程度で良いので、リフォームの必要性を知っておきましょう。

屋根のリフォームが必要となる主な症状とは

家の中にいてもわかる症状として代表的なものが、雨漏りです。しかしこの雨漏りは必ずしも屋根からではなく、雨水がサッシや外壁からつたってきて、天井から落ちてくるという場合もあります。
次に天井や壁にシミがある場合も同様です。これも雨漏りと関係していて(必ずしも屋根が原因ではないのですが)屋根の劣化によるものも存在します。
自己判断はここまでで、どこが原因かは詳しく調べなければわかりません。このような症状思い当たる節があれば、屋根などに登ると危険を伴いますので、専門業者によく点検してもらう必要があります。

外観からわかる屋根リフォームの必要性

内部だけではなく、外観を見上げるだけでもわかる症状があります。瓦がズレていたり、今にも落ちそうな時はリフォームというよりも、下を通るだけでも危険ですから、直ぐに業者に来てもらいましょう。
屋根がひび割れている時も、遠目から見てわかるくらいですから、欠損部分は大きいといえます。内部症状が出ていなくても、いずれ雨漏りやシミの原因になり兼ねませんので、注意が必要です。
屋根の色が変色している場合も、症状がないために放置しがちな状態です。景観を気にしない方でも、屋根が変色しているというのは劣化が進んでいるのだということを、認識することが大切です。
屋根にカビや苔があるのも問題です。衛生状態も悪く、内部に染み入っている可能性があります。このように肉眼で見える症状が、内部や外部にあれば、すぐに専門業者に相談してください。

不具合が見当たらない場合、リフォームをする必要性があるのか

答えは、今すぐリフォームする必要はありません。しかし無症状でも定期的な点検は必要です。その際に業者が、欠損箇所やゆくゆくの不具合をきちんと説明してくれて、両者が必要と判断した場合のみリフォームを検討するとトラブルも、無駄な費用も抑えることができます。

こちらの記事も参考にしてください