雨漏りが起きた時、屋根リフォーム検討のチェックポイント‏はこれ!

2017年6月30日

雨漏りの原因は、屋根の劣化だけとは限らない

雨漏り=屋根が劣化している、隙間があると考えますが、雨漏りの原因になる要素は実は屋根だけではありません。
建物にはさまざまな材料が使用されていて、それを複雑に組み合わせ、雨風をしのぐように作られています。
雨は必ず真上から侵入してくるのではなく、横殴りの雨からも建物壁際からつたって、雨漏りになる場合もあります。
例えば排水管の接続部分から漏水していたり、サッシ上部のコーキング部分の防水が劣化しているなどの原因も考えられます。雨漏りをすると、屋根だと限定してしまいがちですが、サッシ周りや外壁などの防水加工が劣化している場合もあり、それだけであれば低コストでおさまることがあります。

雨漏りの原因を調査してもらう前にも調査費用の確認を

屋根が劣化したと断定せずに、確かめられる箇所は見回っても良いのですが、建設知識が無い方が劣化した部分見つけても、その部分が原因かどうかは検討もつきません。そこで、やはり業者に依頼するのが確実です。
そして、まずは雨漏りの原因がわからないので、屋根の見積もりの前に原因の調査をしてほしいと相談をしてみましょう。
その際の費用もかかる場合があるので、あらかじめ雨漏り調査の価格を教えてもらうことも、ポイントのひとつです。

壁や天井のシミなど、家の中も事前にチェックしておくことがベスト

雨漏りがあれば、他の場所も見えないだけで雨漏りをしている場合もあります。室内でチェックできることは「結露が多い気がする」「壁や天井にシミがある」「大きな家具を動かすとカビが生えていることがある」などです。また、押入れの中がやけに湿気がある場合もあります。
屋外チェックは危険なので、結局は業者に依頼したほうが良いのですが、家の中でわかることはなるべく書きとめておきましょう。そうすることで、調査もしやすく1か所直してもまた何度も雨漏りをしてしまう、といったパターンには陥りにくくなります。屋根リフォーム業者で、雨漏りの原因調査をしてくれる会社は多数ありますが、費用などはさまざまなので、前記で述べたように依頼前に必ず確認を取りましょう。
自分でもできるチェックポイントは3つです。
原因を屋根だと断定しないこと、業者に依頼する際はあらかじめ調査費用の有無と額面をたずねること、最後に家の中の湿気やカビの再確認をするということです。