府中市の製作所の金属屋根の捲れや浮きが発生⁉現場調査に行きました

2019年9月4日

本日は”府中市の製作所で屋根の浮きや捲れが気になる”とお問合せがあり、早速現場調査を
させて頂きました。ちなみに金属屋根はあまりお家の屋根で使われいるのを見たことが無いかも
しれませんが、たまにお家のベランダ屋根に使われたり今回のお客様のように会社の屋根や事務所などで使われている事が多いです。
少しレアな内容かもしれませんが、もし同じように金属屋根でお悩み・お困り事があるお客様がいらっしゃいましたら
最後までご覧いただければと思います(*^-^*)!
府中市 製作所 写真
今回は府中市のこちらの製作所で現場調査を行いました。
ちなみに先程からお伝えしております現場調査は、無料で実施しており工事を行う前に現場調査で破損具合や劣化具合を見て
工事やお見積りなどのご案内をしてから工事を行いますので、もし工事をお願いしたいという方や現場調査をお願いしたいという方は是非お気軽にアイプロ株式会社まで
お問合せ下さい!
製作所 屋根棟 調査
では早速屋根の調査の様子をご紹介致します。
早速屋根に上り、こちらは屋根棟の様子になるのですが一見捲れなどは見受けられませんでしたが少しボコボコ凹みがあるのと
屋根棟の中央部分が浮いているなといった様子でした。屋根棟は屋根全体のバランスを保っている場所なのでその屋根棟が劣化していると
屋根のバランスを保てなくなり屋根の破損や落下に繋がってしまいます…。
金属屋根 浮き 写真
また平屋根部分を見るとお客様が仰っていた屋根がほとんど浮いてしまっているのが確認できました。
少し写真では分かりにくいかもしれませんが、写真の上部分を見るとちょっと浮いているのが分かるかと思います。
またほかの箇所も劣化して凸凹しています。金属屋根は他の屋根材に比べて軽量なので建物の負担が少なく耐震性に優れています。
また防水性も高い屋根なので雨にも強いのですが、軽量なので巨大台風などで飛散が起きたり
写真のように傷や凹みが出来たり金属特融のサビが起こったりしてしまいます。
屋根 はなかくし場所
また他の屋根の場所を見ていると、屋根の破風部分の捲れが起こっているのが確認できました。
捲れが激しく釘も浮いてしまい、下地部分もむき出し状態になってしまっています。このままですと近々接近します台風や豪雨などで
屋根の捲れも激しくなりますし、もしかすると耐え切れなくなり屋根が剥がれ飛散し破損してしまう可能性も高いです。
また下地部分に雨水が浸み込みやすい状態でもありますので、下地が雨水の影響で腐食を起こし雨漏りが起こってしまう可能性も高くなります。
屋根下 釘浮き 写真
そして最後に私たちが気になったのは屋根を固定してる釘部分です。
写真を見て頂いても分かるかと思いますが、釘は固定してありますが釘の下を固定する金具が落下してしまったのか
釘が刺さったまま屋根を支えている状態になっていました。このままですとかなり剥がれの恐れがありますので
大きく破損する前に今回お客様には屋根葺き替え工事をご案内させて頂きました。

本日は府中市で金属屋根の現場調査を行いました。
今回お客様には屋根葺き替え工事をご案内させて頂きました。
これでオーナー様や製作所で働いている従業員の方が快適に安心してお過ごし頂けるのではないかなと思います。
またこちらの記事を読んで同じように屋根でお困りのお客様や、他にもお家の事でお困り事・お悩みございましたら是非お気軽に
アイプロ株式会社にお問合せ下さい!